はくちょう

理念・目的・沿革

趣旨と理念・歴史

昭和62年(1987年)4月
 「ひの共同作業所(心身障害者通所訓練事業:法外施設)を発展的に解消し、日野市の福祉施策の充実を図るため、 地域の皆さんのご協力、ご理解を得て、日野市が設置主体となり、日野市福祉事業団が運営主体となり、 「日野市立はくちょう学園」(知的障害者通所更生施設)が設立されました。

平成19年(2007年)4月1日
 「日野市立はくちょう」(障害福祉サービス事業:生活介護事業)に移行しました。

平成26年(2014年)4月1日
社会福祉法人おおぞら 生活介護事業 はくちょう として事業を開始しました。

社会福祉法人おおぞら 基本理念

社会福祉法人おおぞらは、事業運営にあたり以下の3つの理念の下、利用者の生活の質の向上及び利用者本位のサービスの提供を行っていきます。

  • 利用者、家族、地域、職員がお互い支えあい、共に歩む事業体。
  • 一人ひとりを大切にし、誰もが自分らしく自立した明日(未来)を拓く事業体。
  • 地域福祉に貢献できる事業体。

施設運営方針

  1. (1)  障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律に基づき、適切な対応と主体性、創造性のある円滑な運営に努めます。
  2. (2)  生活介護事業の使命を果たすために、事業所ぐるみの努力を行ないます。
  3. (3)  利用者、家族、職員及び地域との関わりにより、お互いの人格を高めあい、利用者の社会参加と自立を育みます。
  4. (4)  生活支援と作業支援等により、利用者の発達と自立を育みます。
  5. (5)  利用者の人権を尊重し、守って行きます。

事業目的

  1. (1)  食事・排泄等の介護、日常生活上の支援
  2. (2)  創造的活動や、軽作業等の生産活動機会の提供
  3. (3)  (1)、(2)を通じた身体能力、日常生活の維持向上、また情緒の安定を基盤に、ひとりひとりを大切にした支援により、利用者が、より社会的な自立を育むことを目的とします。